GALモデルに基づく移動境界流れ解析法の構築とその応用 DEVELOPMENT OF A COMPUTATIONAL METHOD FOR MOVING BOUNDARY FLOWS WITH GAL MODEL AND ITS APPLICATIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大規模混相乱流計算に適した粒子モデルであるGALモデルをベースとした移動境界流れ解析法を構築した. ここでは, 水と空気のような高密度比条件下でも安定して計算できるように, 移動境界を挟む二つの連続体を別々に取り扱い, 移動境界をGALモデルで追跡する形の計算法を開発した. GALモデルの移動境界追跡モデルとしての適用性を検討するために, シンプルな移動境界問題にGALモデルを適用した結果, 境界追跡や勾配・曲率算定に関するGALモデルの計算精度は, 既存モデルと比べてより高精度であることが示された. さらに, GALモデルに基づく本計算法を砕波を伴う水柱崩壊問題や単一液滴運動に適用し, 既存の実験結果との比較を通じて, 本計算法の妥当性や有効性が示された.

A computational method for two-phase flow with moving boundary is presented, in which the GAL (Grid-Averaged Lagrangian) model is used to track the moving boundary. To avoid numerical instability due to high density ratio between the phases, the motion of each phase is separately treated. The accuracy of the GAL model is examined for the capture of the moving boundary and the curvature of the interface through computation for simple cases of moving boundary problems. The comparison between the computational results obtained by the GAL model and those by the previous models indicates that the GAL model has relatively higher accuracy. The present method is applied to the computations for broken-dam problems and a falling droplet problem, showing that the present method gives good agreements with the previous experimental and computational results.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 642, 19-30, 2000-02-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541294
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5292849
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ