突堤状河川構造物周辺における最大洗掘深の簡易予測法 A SIMPLIFIED PREDICTION METHOD FOR THE MAXIMUM SCOUR DEPTH AROUND SPUR-DIKE-LIKE RIVER STRUCTURES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 非越流型の単一突堤周辺における静的洗掘を対象として, 突堤側面の傾斜角の影響を考慮した最大洗掘深とその時間的変化を予測するための簡易モデルを提案したものである. まず, 実験結果から, 接近流の掃流力が大きい場合には, 平衡洗掘形状が台形断面で近似でき, 突堤近傍に流量が集中することに注目してモデル化し, 簡易予測式を導出している. その結果, 接近流が限界掃流力に近い条件における最大洗掘深と突堤斜面勾配による洗掘軽減効果を推定でき, 突堤長・水深比と接近流の掃流力が最大洗掘深の支配因子であることを指摘している. 最後に, 洗掘の初期と平衡状態のモデルを時間的に補間して最大洗掘深の進行過程の式を導き, 掃流力の大きい条件に対する適用性を示している.

Some features of scouring and flow at spur-dike-like structures are discussed based on experiments under clear-water scouring. Considering the flow concentration to a restricted region of the scour hole, a simplified analytical model for the prediction of the maximum scour depth at the structures is developed. The model predicts scour depth at sloped-wall as well as at vertical-wall abutments, being verified by the available data and previous formulae. A model constant for flow concentration is identified by the inversion of experimental data. Finally, an interpolated analytical model for the time-change in the maximum scour depth is developed and verified by the experimental data under the higher shear stress condition.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 642, 31-43, 2000-02-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541320
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5292858
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ