ノージョイント工法により連続化した外ケーブル補強PC桁の終局曲げ挙動 ULTIMATE BENDING BEHAVIOR OF EXTERNAL TENDON-REINFORCED PRESTRESSED-CONCRETE GIRDERS MADE CONTINUOUS BY NO-JOINT METHOD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

既設道路橋単純桁をノージョイント工法により連結し, かつ外ケーブル補強したプレストレストコンクリート連続桁の終局曲げ挙動及び崩壊機構を非線形解析及び静的載荷実験により研究した. その結果, 部材の変形に伴う外ケーブル応力増加による曲げ耐力の向上よりも, 中間支点部の塑性ヒンジ形成に伴うモーメント再分配の方が支配的となって, 桁の耐荷力が向上し, 曲げ破壊に対する安全性が満足される特性を明らかにした. 併せて, 塑性域にある構造系を線形的に再現することのできる割線剛性を用いた解析法を提案した. その手法を用いて, 主桁のひび割れ発生または鋼材の降伏によりもたらされる部材相互の剛比変化や図心軸の移動がプレストレス不静定力の変動に及ぼす影響や, 部材の軸剛性と曲げ剛性の低下が構造系の非線形挙動に及ぼす影響について検討した.

A study was made, by nonlinear analysis and static load experiments, into the ultimate bending behavior and failure mechanism of continuous prestressed-concrete girders in which simple girders of an existing highway bridge were joined by a no-joint construction method and reinforced with external tendons. It was found that because of the improved flexural capacity due to the increased external tendon stress accompanying the deformation of the structural members, the moment redistribution that occurs with the deformation of the plastic hinges of the intermediate supports predominates, the load-carrying capacity of the girders is improved, and safety against flexure is satisfied. Also, an analysis method is proposed that makes use of secant stiffness to directly reproduce the structural system in the plastic region.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 641, 87-100, 2000-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541576
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5292751
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ