電気化学的手法によるコンクリートの改質と補修効果に関する実証的研究 AN EXPERIMENTAL STUDY ON IMPROVEMEN OF CONCRETE AND REPAIR EFFECT USING ELECTROCHEMICAL METHODS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 塩化物イオンと水酸イオンの比率をパラメータとしてコンクリート中の鉄筋腐食の定量化を目的に実験室レベルで試験を行うとともに, 既設構造物がデサリネーション, 再アルカリ化によってどのように改質されるかについて述べ, 処理後5年間の追跡結果について報告するものである. モルタルにおける実験結果から判断して, pH=12以上であって〔Cl〕/〔OH〕が1.0以上であれば, 鋼材は腐食しないものと考えられる. デサリネーション, 再アルカリ化を実施することによって, 実構造物の鉄筋周辺におけるpH値は12.6~13.2に改質され, 可溶性塩分も0.47~0.56kg/m<sup>3</sup>に減少した.処理後60ヶ月でも含有塩分量にはほとんど変化は認められず, 鉄筋の背面における顕著なシャドースポットは認められない.

An experimental study was carried out to find out the threshold value of chloride ion and hydroxy ion ratio (=[Cl ]/[OH]: mol ratio) for the onset of reinforcing steel corrosion in concrete. After the application of electrochemical method (desalination and realkalization), a five-year follow-up survey on the specimens was carried out in order to check the performance of the rehabilitation method.<br>The experimental results showed that when the pH value was 12 or more and Cl/OH ratio was 1 or less, the reinforcing steels were not corroded. The rehabilitation using the desalination and realkalization method increased the pH value to 12.6-13.2 and decreased water soluble chloride content to 0.47-0.56 kg/m<sup>3</sup> around the reinforced bars in concrete of existing structures. During the 5-year-follow-up survey, re-diffusion of chloride ion into the concrete around the reinforced bars had been hardly recognized, and also the presence of clear shadow spot surrounding the reinforcing steel had not been recognized.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 641, 101-115, 2000-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541589
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5292753
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ