PC鋼材の水素吸蔵特性に着目したデサリネーション処理方法の検討 BASIC STUDY OF DESALINATION ON HYDROGEN STORED IN PRESTRESSING STEEL BARS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

デサリネーションがコンクリートの塩害に対する有望な補修工法として注目されている. デサリネーションでは, コンクリート中の鋼材がカソードとして作用し, しかも, その電位が水素発生電位より卑となるため, 鋼材表面で水素が発生するものと考えられる. そのため, PC鋼材の水素脆化への危惧から, PC構造物への適用が見送られてきた. 本研究では, デサリネーションをPC構造物へ適用する場合, PC鋼材が孔食を有していたり, 過大な緊張力が作用している場合, および, 断続的な通電処理方法を適用した場合において, 水素脆化の原因である拡散性水素のPC鋼材への吸蔵量について検討を行った.

Nowadays, premature deterioration of concrete caused by chloride attack has become a severe problem. Desalination, which is an electrochemical treatment of chloride extraction from concrete, has been developed as an essential repair method. Steel bar embedded concrete acts as a cathodic electrode through desalination process and its potential is less than hydrogen occuring potential by electrolysis. Therefore, considering hydrogen embrittlement of prestressing steel bars, desalination has not been applied on prestressed concrete yet. In this study, diffusible hydrogen stored in notched and highly tensioned prestressing steel bars was investigated while desalination was continuously and intermittently applied on prestressed concrete.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 641, 231-240, 2000-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541723
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5292791
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ