アルカリシリカ反応により劣化した構造物の劣化度評価に細孔溶液分析による劣化進行の予測 EVALUATION OF THE DEGREE OF DETERIORATION IN ASR DAMAGED CONCRETES AND ANALYSES OF THEIR PORE SOLUTIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, アルカリシリカ反応 (以下,「ASR」) により劣化した実在の構造物を対象として, 環境条件の違いがASRの劣化程度に及ぼす影響を明らかにし, 構造物から採取したコンクリートコアを用いて実施した種々の試験にもとづいた将来の劣化進行予測手法を提案したものである. 凍結融解の繰り返しが増加しはじめた年を境にしてASR劣化が急激に進行しはじめたこと, 劣化程度は気温, 湿度あるいは外部から供給される水分などの環境条件によって影響を受けることが明らかとなった. またコアから抽出した細孔溶液中の水酸化アルカリの分析とNBRI法による膨張率測定結果を組合せることにより, ASR劣化した構造物の将来の劣化進行予測が可能であることを示した.

This study aims at investigating the influences of local environmental conditions on the degree of damage in existing ASR damaged concrete structures and proposing a method for predicting the progress of ASR damages in future on the basis of the data obtained in the investigations. The ASR damages in the structures were found to rapidly proceed after the freezing-thawing repetitions due to changes in climate started to increase. It was also found from these investigations that the degree of deterioration in concretes depended on the local environmental conditions such as temperature, humidity and the supply of water from the outside. The combination of the alkalinity of pore solutions extracted from damaged concrete structures and the expansion of concrete cores from the structures by the use of the NBRI test was useful for predicting the progress of ASR damages in concrete structures.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 641, 241-251, 2000-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541732
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5292794
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ