フライアッシュペレットを混合したスラグ路盤材の変形特性 DEFORMATION CHARACTERISTICS OF SLAG BASE-COURSE MATERIAL CONTAINING FLY ASH PELLET

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

石炭灰を排煙脱硫石膏とセメントで固形化し粉砕・粒度調整したもの (フライアッシュペレット), 製鋼スラグ, 高炉スラグを混合した複合スラグ路盤材料 (複合スラグBと称する) の復元及び残留変形特性を, 室内繰返し三軸圧縮試験によって調べた. その結果, 1) 複合スラグBの復元変形係数は, 軸差応力の増加とともに減少し一定値に収束し, また平均主応力の増加とともに増加すること, 2) 復元ポアソン比は, 応力比の増加とともに増加すること, 3) 残留軸ひずみは, 繰返し載荷回数とともに増加するが, 特に載荷初期に急増しその後漸増すること等が明らかになった. さらに, 従来の複合スラグよりは劣るものの, 標準的な水硬性粒度調整高炉スラグ (HMS) よりは優れた変形特性であることが示唆されている.

This paper describes the deformation characteristics of a base-course material which is a mixture of steel-making slag, blast-furnace slag and fly ash pellet (here called 'the compound slag B'). The deformation characteristics are investigated by carrying out a repeated loading triaxial compression test: the equations expressing the resilient and permanent deformation behaviour are presented. It is shown that the compound slag B exhibits better deformation characteristics than Hydraulic mechanically stabilized slag (HMS), a standard slag base-course and that the same equations of representing the resilient and permanent deformation behaviour are applicable to the compound slag B as those for HMS and a previously-investigated compound slag.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 641, 269-275, 2000-02-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541767
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5292827
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ