ラグランジュ型粒子モデルによる排煙上昇過程を含む大気拡散の予測 PREDICTION OF ATOMSPHERIC DISPERSION CONSIDERING PLUME RISE USING A LAGRANGIAN PARTICLE DISPERSION MODEL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ラグランジュ型粒子モデルによって, 排煙上昇過程を含む大気拡散の予測を行った. 本モデルの支配方程式は, 粒子のランダムな運動を表す確率微分方程式で, 鉛直成分の式には浮力による加速度項が付加されている. 数値モデルの予測結果を検討するために, 実煙源の排煙を対象としたライダー観測と野外トレーサ実験を実施した. 排煙上昇軌跡について, 数値モデルとライダー観測の結果によい一致が得られた. 数値モデルで予測した拡がり幅は, ライダー観測の結果より大きかったが, これは前者が時間平均値, 後者が瞬間的な値を示すことを考えれば説明ができる. 本モデルを実地形へ適用し, 野外トレーサ実験の結果をもとに妥当性を確認した.

Atmospheric dispersion considering plume rise was predicted using a Lagrangian particle dispersion model. The governing equations of the model are stochastic differential equations which represent the random motion of a particle. The vertical component of the equations includes an acceleration term due to buoyancy. Lidar observations of plume rise and field tracer experiments were conducted at a power station to examine the validity of the results from the dispersion model. Good agreement was obtained between the dispersion model and the Lidar observation of the plume trajectory. The calculated result of the spread of the plume was slightly larger than the observed one. This is reasonable considering that the former represents the time average while the latter represents the instantaneous value. The dispersion model was applied to the prediction of concentrations in a real terrain and its validity was verified through comparison with the results of the field tracer experiment.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 643, 61-70, 2000-02-22 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541891
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5292928
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ