好気性ろ床を組み込んだ前凝集・生物膜プロセスの開発 DEVELOPMENT OF PRE-COAGULATION AND BIOFILM PROCESS WITH AERATED-FILTER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市下水を対象として, 好気性ろ床を組み込んだ前凝集・生物膜プロセスの処理特性および設計操作因子の検討を, パイロットプラント規模実験により試みた. 水温20℃を下回る低水温期においても生物反応器の水理学的滞留時間8hで, 流出SS濃度は5mg/L以下を, 流出のT-ATU-BOD濃度は5mg/L以下を, 流出T-N濃度は3mgN/L以下を, そして流出T-P濃度は1mgP/L以下を安定して保つことができた. 生物処理の最終部に組み込んだ好気性ろ床は, 目的とした残存有機物およびSS成分の除去, ならびにDO濃度の回復の機能を十分に果たした. 最終沈殿池を省略することで建設費および処理時間を削減でき, 本プロセスは既存の施設を活用した都市下水の高度処理に適用可能であることが示された.

The treatment performance and operational parameters of the process, which was composed of pre-coagulation-sedimentation tanks, biofilm reactors and an aerated filter, were discussed with the pilot plant treating actual municipal sewage. Concentrations of SS, T-ATU-BOD, T-N and T-P in the effluent were kept less than 5mg/L, 5mg/L, 3mgN/L and 1mgP/L, respectively, under total hydraulic retention time (HRT) of 8h in the biological process. In the aerated filter, removal of residual organic matter and SS, and restoring DO concentration could be accomplished. The process was proved to be applicable to advanced treatment of municipal sewage without a secondary sedimentation tank.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 643, 71-80, 2000-02-22 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004541914
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5292933
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ