地すべり地の地表変位測量データを利用した三次元すべり面形状の推定 PRESUMPTION OF 3-D SHAPE OF SLIDE SURFACE BY ANALYSIS OF GROUND DISPLACEMENT DATA OBTAINED BY SURVEYING IN LANDSLIDING AREA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地すべり地において, 地中に発生したすべり面上を移動する地山の変形が移動量に比べて微小であれば, 地表の諸点は, その直下のすべり面の勾配とほぼ平行に移動する. この仮定に基づいて地すべり地で得られた地表変位追跡測量データを解析して, すべり面の概略の形状を推定することができる. この推定法は, 地すべり地の詳細な調査や対策工事計画に対して, すべり面の一次近似を与えるものとして役立つと考えられる.<br>本文は, 多項式によって地下すべり面の複雑な三次元形状を推定するこれまでの手法に改良を加え, 特に解析に用いる種々のデータの信頼度を考慮して推定精度を向上させることを検討したものである. 推定精度の評価は, 実際に発生した地すべり地のデータを用いた数値解析によって検証する.

Based on the assumption that the deformation of a landsliding mass is small enough compared with the displacement of the mass, many analytic procedures to presume the shape of underground slide surface have been proposed. Several parts of the old procedures are improved in this paper. First, to presume the complicated slide surface, combination of polynomial functions representing partial slide is examined. Next, to raise the accuracy of presumption, the concept of data weight is introduced into the least square method. Effect of these improvements is verified by numerical analysis applied to actual landslide area, Narao district, Nagano prefecture in Japan.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 645, 51-62, 2000-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542096
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5333684
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ