流動化における橋梁基礎構造物の設計手法に関する研究 A STUDY ON DESIGN METHOD OF BRIDGE FOUNDATION AGAINST GROUND FLOW

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では, 液状化に伴う流動化の影響を受ける可能性のある橋梁基礎構造物の一設計手法として, 静的FEM解析により地盤の流動量を推定し, この流動量を地盤バネを介して基礎構造物に作用させる設計手法について提案する. この設計手法は, 兵庫県南部地震等における護岸周辺地盤の変状や杭基礎, ケーソン基礎の被災事例により検証を行っており, 東京地区の地盤への適用性の検討も行っている. また, 既設構造物の対策工の設計にも適用することができる.

This paper reports on design method of bridge foundation against ground flow caused by liquefaction. This method allows us to estimate the displacement due to ground flow by FEM analysis and to design bridge foundation. We verified the design method using the past case histories of damage caused by earthquakes, including Hyogo-ken Nambu Earthquake, and we also examined the applicability of the design method to the ground in Tokyo area. Moreover, this design method can be applied to design countermeasures against ground flow for existing bridge foundations.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 645, 77-89, 2000-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542139
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5333689
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ