遠心振動実験を用いた流動化現象の再現と杭基礎に作用する流動圧 REPRODUCTION OF LATERAL GROUND DEFORMATION AND LATERAL-FLOW EARTH PRESSURES ACTING ON PILE FOUNDATIONS USING CENTRIFUGE MODELING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

自立式矢板護岸およびその背後地盤の液状化に伴う流動化現象を再現し, 加振中と加振後に発生する流動変位が杭基礎に及ぼす影響, さらに杭基礎に作用する流動圧を把握するため, 遠心振動実験を実施した. 本研究により, (1) 加振中のみならず加振後にも液状化による地盤の流動変位が発生するという現象を定性的に再現できていること, (2) 地盤の流動化により杭基礎に発生する残留変位は, 加振中と加振後の両方に生じており, 加振中の影響が大きいこと, (3) 地表の非液状化層の流動圧は, 道路橋示方書に基づく受働土圧の値よりもかなり小さいこと, (4) 地盤の流動化による地盤のヤング係数の低減率は1/650程度であること, が得られた.

Dynamic centrifuge model tests were conducted to simulate the seismically-induced displacements of sheet pile quay walls, in order to understand the mechanisms of lateral ground flow of liquefied soil behind walls and to evaluate the effects of the lateral-flow earth pressures acting on pile foundations. It was found that the tests could virtually reproduce the actual lateral -flow of ground caused both during earthquakes and post liquefaction; the influence of earthquake acceleration was very large for the residual displacement of pile foundations; the lateral-flow earth pressures acting on foundations were considerably smaller than the value calculated in the Specifications for Highway Bridges; the degradation ratio of young's modulus of liquefied soil was 1/650.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 645, 115-124, 2000-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542191
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5333703
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ