超大型一面せん断試験装置の開発とその適用性 DEVELOPMENT AND APPLICABILITY OF SUPER LARGE SCALE DIRECT SHEAR TEST APPARATUS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

山岳空港や工業用地・宅地開発における高盛土等の土構造物は計画地内の切土により発生する岩塊を含む粒径の大きい盛土材, いわゆる粗粒土で造成されることが多い. 本論文はこのような土構造物の安定性の評価に必要な粗粒土の強度特性を求めるために, 新たに開発した供試体直径D=1,600mm, 高さH=800mmの超大型一面せん断試験装置の基本構造の概要と, 供試体せん断面上の応力の算定法, 砂と粗粒土 (まさ土) を用いた本装置の適用性確認のための試験結果について報告するものである. この装置の製作にあたっては, 装置自体の製作費用や試験費用のかからない実用的なものとするためにその基本構造や試験操作が簡単な装置にすること, また特に他の研究機関や大型土工事の現場試験室への貸出しの可能な装置とすることを目指した.

We had developed a super large scale direct shear test apparatus (SL-DS) with the specimen of 160cm in diameter and 80cm in height to investigate the characteristics of stress-deformation relations and strength on coarse-grained soils contained large size particles.<br>This paper introduces the mechanical structure of SL-DS as well as tests results on sand and mass-soil (a coarse-grained gravely soil composed of weathered granite rock). The test results show the angle of internal friction obtained from the direct shear test is approximately equal to that obtained from triaxial compression test, which may prove the usefulness of this apparatus in practice.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 645, 137-151, 2000-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542226
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5333736
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ