砂地盤中の単杭のp-y関係のモデル化 MODELING AND EVALUATION OF P-Y CURVES OF SINGLE PILE IN SAND

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 水平力を受ける砂地盤中の単杭の水平地盤反力-水平変位関係 (<i>p</i>-<i>y</i>関係) に与える地盤の相対密度, 杭径の影響を明らかにすることを目的として, 一連の遠心模型実験装置を用いた分割杭の水平載荷実験を実施した. 得られた<i>p</i>-<i>y</i>関係を双曲線にてモデル化し, これを用いて別途実施した単杭の杭頭水平載荷実験を広範囲にシミュレート可能であることを示した. この結果を利用して<i>p</i>-<i>y</i>関係の一つである, バイリニア型<i>p</i>-<i>y</i>モデルの適用性・問題点を検討した. また双曲線型<i>p</i>-<i>y</i>モデルのパラメータとなる初期地盤反力係数および極限地盤反力の評価を試みた.

In order to obtain effect of relative density <i>D<sub>r</sub></i>, pile diameter <i>D</i> and depth <i>z</i> on <i>p</i>-<i>y</i> curves of single pile in sandy ground, a series of divided pile loading tests and single pile loading tests were conducted in geotechnical centrifuge. Relative density <i>D<sub>r</sub></i>, centrifuge acceleration ratio <i>n</i> and model pile diameter <i>D</i> were selected as test parameters. It was found that obtained <i>p</i>-<i>y</i> curves from divided pile loading test could be modeled by hyperbolic <i>p</i>-<i>y</i> curves and single pile loading tests result could be reasonably simulated by the hyperbolic model. The applicability of bi-linear p-y curve were investigated by comparing with test results. Finally, method of evaluation on the coefficient of subgrade reaction <i>k<sub>hi</sub></i> and and ultimate subgrade reaction <i>p</i><sub>max</sub> were proposed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 645, 191-207, 2000-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542303
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5333766
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ