離散化ラフネスデータを用いた岩盤不連続面のせん断挙動の推定法に関する研究 THE EVALUATION OF SHEAR STRENGTH OF ROCK JOINTS BASED ON THE DIGITIZED ROUGHNESS PROFILE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岩盤中の不連続面の強度・変形特性を把握することは, その岩盤全体のせん断挙動を推定するのに重要な問題となる. 非常に滑らかな不連続面と粗い凹凸を有する不連続面では, すべりを生じさせるために必要な力の大きさが異なることは明かであり, その面の凹凸の大きさを求めることは強度・変形特性を考える場合に必要不可欠である. 従来より多くの研究者によって岩盤不連続面のせん断強度式が提案されているが, せん断の進行と共に生ずる岩盤表面の削れを考慮したものは皆無である. そこで本研究では離散化ラフネスデータを用いて, その面の幾何学的な削れ方を考案し, 減耗率<i>k</i>という新たなパラメータを導入してせん断挙動を推定する方法を開発し, その解析手法の有用性を示した.

It is well-known that the mechanical behaviors of rock joints due to shearing generally are heavily dependent on the their geometrical condition, which is so-called roughness profile. Therefore, it is inevitable factor to evaluate the effect of roughness profile on the shear behavior. Up to now, many researchers have proposed the formulations, which associate the shear strength with roughness profile of rock joints, under the idealized assumption that no change of the configuration of joint surface due to shearing occurs. From these viewpoints, focusing on the geometrical change of joint surface due to shearing, this study proposes the formulation of shear strength based on digital data of roughness profile.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 645, 255-266, 2000-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542405
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5333819
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ