大規模テールアルメ補強土壁盛土の造成に用いた泥岩材のスレーキング対策 SOIL STABILIZATION TO PREVENT SLAKING OF MUD-STONE GRAVELY SOIL IN TERRE-ARMEE EMBANKMENT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

テールアルメ工法における盛土材は原則として良質な摩擦性材料の使用が前提である. 特に盛土材が泥岩のようなスレーキング性材料の場合には, 降雨や地下水位変動による乾・湿繰返しに起因した土砂化による圧縮沈下や, 盛土材とストリップ材間の摩擦抵抗の低下による壁面の変形や局部的な破壊の発生などが懸念される. ここではある用地開発工事で切土発生の泥岩材により造成した大規模なテールアルメ補強土壁盛土において, 泥岩材のスレーキング対策として採用したセメント系固化材による土質改良の事例を報告する. この事例では, 土質改良によるスレーキング性沈下の抑制効果の確認, 改良目標や施工管理基準を設定するための室内配合試験・試験施工を実施した. また泥岩盛土内でのストリップ材の引抜き抵抗の確認のためのストリップ材の室内及び現場引抜き試験を実施した.

This paper presents a example of the soil stabilization to prevent the slaking of gravely mud-stone soil as embankment material on-site fill in construction of Terre-Armee reinforced earth wall embankment. A series of compressibility tests and unconfined compressive tests were carried out to investigate the effect of cement stabilization to prevent the slaking of gravely mud-stone soil.<br>The results shows that the settlement due to the slaking of mud-rock soil is controlled by the addition of cement stabilizer. A series of pull-out shear tests in laboratory and field also were carried out to investigate the pull-out frictional characteristics of strip plate of Terre-armee method in compacted mud-stone soils.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 645, 291-306, 2000-03-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542443
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5333849
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ