岩盤用泥水セミシールドによる軟泥岩層推進時の閉塞防止に関する実験的研究 STUDY ON PREVENTIVE METHODS FOR BLOCKING PHENOMENA OF ROCK TYPE SLURRY SHIELD IN EXCAVATING SOFT ROCK

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岩盤用泥水セミシールドは, 岩盤を対象にした推進工法である. この工法で軟泥岩を掘進する際にはカッタヘッドが閉塞し, 掘進が困難となる場合が少なくない. 本研究では, 閉塞の原因解明と予測および閉塞防止対策の確立を目的とした. 実験においては, 人工軟岩により実験条件の統一性を計り, 閉塞の要因となる掘削排土機構と閉塞予測法を調査した. また, 閉塞対策として, カッタヘッドから切羽への直接注水の付加やディスクカッタ突出長の縮小化等の閉塞防止効果に対する検討を行いその有効性を確かめ, さらにチャンバーと切羽空間での泥水の流状も解明して閉塞対策の実機への適用性を高めた.

Rock type slurry shield method is used for pipe jacking in various rocks. In excavating soft rock, faceplates of this type are often blocked by sticky rock chips leading to the difficulties in excavation. The purpose of this study is to research the cause of the blockage phenomenon and the method for preventing the blockage phenomenon. The artificial soft rock was used for the specimen in order to standardize the experimental condition. Flow to the cutting face and reducing of the length of disk cutter were effective for the defensive measure of the blockage phenomenon from the investigation of the mechanism which discharge sticky rock chips. Flow of slurry in chamber and the cutting face were investigated in order to apply these results to the real machine, and the situation was grasped.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 644, 87-98, 2000-03-15 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542558
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5334737
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ