1995年兵庫県南部地震で被災したコンクリート杭に対するAE法破損度調査の適用性 APPLICATIONS OF A DAMAGE INSPECTION METHOD USING AN ACOUSTIC EMISSION TECHNIQUE TO SEVERAL CONCRETE PILES DAMAGED DURING THE 1995 HYOGO-KEN NANBU EARTHQUAKE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新たに開発したAE法によるコンクリート杭の破損度調査法を, 1995年兵庫県南部地震で被災した構造物基礎杭に適用した. 実施の現場での適用に当たってはAE計測のための導波棒の方式を新たに開発した. 3件の現場において適用し, 開発した手法を掘削観察法や衝撃弾性波法などの他の調査法と比較することなどによりその妥当性や手法の特徴を検討した. その結果, 比較が可能な範囲では本手法の妥当性が確認された. また, 導波棒による間接計測と杭体の直接計測との比較により, 本手法の背景となる現象も観察できた.

The new damage-inspection method for concrete pile using AE technique proposed by Mori and Shiotani (1998) was applied to several pile foundations damaged during the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake. In this paper, the development of portable suspended wave-guides and their application results are discussed compared with the result of conventional inspection methods. The comparison verifies the effectiveness of the proposed method. Furthermore, the comparison between direct AE measurement on pile and indirect measurement with wave-guide suggests the characteristics of AE wave transformation through ground.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 644, 135-147, 2000-03-15 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542643
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5334822
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ