ソイルセメントグラウトの適用性に関する実験的研究 AN IN-SITU EXPERIMENTAL STUDY FOR APPLICATION OF SOIL-CEMENT GROUTING IN ROCK MASS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岩盤を対象とした止水工事の一種であるグラウチング工事の合理的かつ経済的な方法の確立が必要となっている. そこで, 我々はセメントにダム建設地点近傍に分布する自然発生材である土質材料 (細粒分の多いロームや粘土) を添加したグラウト (以下ソイルセメントグラウトと呼ぶ) を利用し, セメントの一部置換によるコスト削減と, 土質材料を使用することによるブリーディング防止や浸透性向上等のグラウトの品質向上とを目標に一連の研究を行った.<br>そのうち本論文は, 室内実験から提案したソイルセメントグラウトの配合・計画方法を実際の岩盤を対象に適用し現場注入実験を行い, その有効性を検証したものである.

It has been needed that establishment of rational and economical grouting method which is one of the water tight construction method in rock mass. Authors study for soil cement grouting in order to cut down the grouting cost and improve the quality of grouting materials.<br>In this paper, Authors carried out the in-situ experiment using soil cement grout and verify the availability of soil cement grouting.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 644, 149-159, 2000-03-15 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542657
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5334864
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ