鉄道盛土の崩壊限界雨量に及ぼす防護工の効果 EFFECTS OF SLOPE PROTECTION WORKS ON CRITICAL RAINFALL OF RAILWAY EMBANKMENT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 鉄道盛土で施工頻度の高い盛土ののり面防護工に着目して, 過去の防護工施工盛土の崩壊事例を取り上げ, 防護工の効果が期待できることを明確にする. さらに, 鉄道沿線で施工された多くの防護工盛土が施工後に受けた降雨実績とこれらの盛土の防護工未施工状態での崩壊限界雨量を比較・分析することによって, 盛土防護工の耐雨性の定量化を試みるものである.

Embankment slope surfaces are frequently covered with protection works to prevent collapse by rainfall. In this paper, in the first we confirm effects of slope protection works on railway embankments through analyzing some past collapse cases in which the embankments were covered with protection works. Furthermore, we compare estimating critical rainfall of non-covering protection embankments with the actual rainfall after covering protection works, and shall try to quantitative evaluation for the protection works.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 644, 161-171, 2000-03-15 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542672
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5334873
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ