ハンマーピーニング及びTIG処理による溶接継手部の疲労強度向上法 IMPROVING FATIGUE STRENGTH OF WELDED JOINTS BY HAMMER PEENING AND TIG-DRESSING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 高強度鋼溶接継手部の疲労強度向上を目指して, 面外ガセット継手を対象に, 溶接止端部処理による疲労強度向上法である, TIG処理, ハンマーピーニング処理による疲労強度向上効果を検討した. また各処理による疲労強度向上メカニズムを主に溶接止端部における応力集中, 残留応力の低減効果の面から検討した.

The effectiveness of fatigue strength improvement methods, namely TIG-dressing and hammer peening, were examined using out-of-plane gusset welded joints of high strength steel (SM570). In addition, the mechanism of each improvement method was discussed with respect to the decrease in stress concentration and residual stress at the weld toe. Finally, various methods for improving the effectiveness of these fatigue strength improvement methods are proposed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 647, 67-78, 2000-04-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542876
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5366319
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ