鋼角形断面柱の繰り返し挙動に及ぼす水平2方向変位履歴の影響について EFFECTS OF MULTI-DIRECTIONAL DISPLACEMENT PATHS ON THE CYCLIC BEHAVIOUR OF RECTANGULAR HOLLOW STEEL COLUMNS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 3次元地震動に対する構造物の安全性を議論する上で不可欠な繰り返し弾塑性挙動に及ぼす水平2方向載荷の影響に関して実験的な検討を行った. 対象構造物としては, 鋼製中空長方形断面橋脚柱を取り上げ, 上部構造の自重を考慮した鉛直力と水平地震動を想定した水平2方向力を橋脚柱頭に作用させ, その強度と変形能を明らかにした. なお, 水平力は, 水平2方向に変位制御で与え, 1方向変位履歴, 2方向比例変位履歴, 4種類の非比例変位履歴を考慮した. 実験結果から, 非比例変位履歴により, 剛性, 強度および変形能が著しく低減することが明らかになった.

The unprecedented damage to steel structures during the Hyogo-ken Nanbu Earthquake not only prompted the revision of the Japanese seismic code but also emphasized the need for a comprehensive understanding of seismic response, which in reality is complex and multi-directional, as opposed to the conventionally assumed uni-directional approach. Thus, this experimental study investigated the effects of multi-directional load histories on the response of tubular columns widely used in the construction of elevated highways and building structures. Test results indicate that, in comparison with uniaxial displacement paths, multi-directional displacement patterns lead to significant degradation of stiffness, strength and ductility of tubular columns.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 647, 79-95, 2000-04-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004542907
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5366349
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ