簡易アクティブ制御連結システムによる線状に連続する構造物の地震応答低減の試み SIMPLE ACTIVE CONNECTING SYSTEM TO REDUCE SEISMIC RESPONSE OF MULTIPLE STRUCTURES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

連続高架橋のように線状に連続した構造物の地震応答を低減するために, 隣接した構造物間の連結を応答に応じて能動的に制御することが考えられる. 本研究では, 隣接する構造物応答の卓越周期を観測し, 共振状態に応じて連結装置をON-OFF制御する手法について検討した. 連続する構造物のいろいろな部分で連結・非連結を行うことにより, 固有周期の変動幅を大きくとれ, 共振化を防ぐことが容易だと考えられる. 構造物が2個の場合と10個の場合について数値シミュレーションを行い, 簡易な制御則で十分に効果があることを示した.

To improve the earthquake resistant capability, a joint damper is effective for the multiple structures stood in a row such as piers of the highway viaducts. This paper studies the effectiveness of active controlled joint dampers installed between the adjacent structures. The earthquake response analyses using the system of two structures and the system of ten structures are carried out to evaluate the effect of the active connecting system. The result of numerical simulations showed that the simple ON-OFF feedback control system could prevent the resonance during the earthquake response.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 647, 229-240, 2000-04-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543070
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5367169
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ