鋼板孔のずれ止めを用いた波形鋼板ウェブを持つ合成桁の面外曲げ挙動に関する研究 STUDY ON OUT-OF-PLANE BENDING OF CONCRETE DOWELS IN A COMPOSITE GIRDER WITH CORRUGATED STEEL WEB

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鋼とコンクリートの合成桁において, 鋼板孔を用いたずれ止めである埋込み接合を利用すると, 従来のスタッドを用いたずれ止めと比べ, 鋼フランジの溶接が不要になり, 施工が容易になるという利点を有する. 埋込み接合に関しては, 過去に押抜きせん断試験や桁としての載荷実験が行われており, その有用性が認められているが, いずれの実験も鋼ウェブに平行な面内の挙動の検討にとどまっており, 偏心荷重や水平横力に起因してウェブ上端に交互曲げが生じる現象 (首振り現象) に対する検討は少ない. 偏心外力載荷時の首振り現象に関する模型実験およびFEM解析を行い, 鋼板孔を用いたずれ止めの設計方法についても考察を行ったので報告する.

The purpose of the present study is to investigate a long term behavior of new type connections which have punched holes with transverse steel reinforcing bars inserted into a concrete flange. Experiments and FEM analysis were carried out for several types of specimens changing plate thickness and embedded depths of corrugated steel webs. Experimental results reveal that the present connection is promising from the view point of practical application.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 647, 267-279, 2000-04-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543102
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5367191
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ