兵庫県南部地震時の脆性破壊事故に対する一考察 EVALUATION OF BRITTLE FRACTURE ACCIDENTS OCCURRED AT THE HYOGO-KEN NANBU EARTHQUAKE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

兵庫県南部地震では, ひずみ速度の増加に伴う鋼材の脆化が原因と考えられる鋼構造物の損傷が多数報告されている.<br>本報告ではひずみ速度の増加に伴う脆化を静的破壊靭性値の温度依存性から予測する手法を提示し, 同地震時の脆性破壊事故解析を実施した. その結果, 取り扱った事故解析例では, 脆性破壊の主原因は衝撃的な負荷に伴う破壊靱性値の低下である事が判明した. また事故解析の結果は, 水平部材については水平方向地震波, 垂直部材については上下方向地震波により脆性破壊事故が生じたという自然な考え方を支持している.

Many fracture accidents of welded steel structures, which did not enable to occur under static loading, were found at the Hyogo-ken Nanbu Earthquake (Jan. 17<sup>th</sup>, 1995). It is necessary for the investigation of these fracture accidents to take the strain rate effect on fracture toughness into consideration.<br>The evaluation method of fracture toughness at arbitrary strain rate was introduced. Analyses of fracture accidents were performed by means of this procedure. These results make clear that vertical impulsive seismic wave is considered to be the major cause of the brittle fracture accidents generated on vertical structural members at the Hyogo-ken Nanbu Earthquake.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 647, 317-329, 2000-04-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543186
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5367294
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ