レイリー波の位相速度から地盤の平均S波速度を直接推定する方法の提案 AN ESTIMATING METHOD FOR THE AVERAGE S-WAVE VELOCITY OF GROUND FROM THE PHASE VELOCITY OF RAYLEIGH WAVE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

深さ30mまでの平均S波速度<i>Vs</i>30と地盤の増幅倍率にはよい相関があることが指摘されている. 通常, <i>Vs</i>30の算出にはPS検層データが用いられる. 本研究では, アレイ微動観測からレイリー波の位相速度を求めることを前提に, この位相速度から<i>Vs</i>30を直接推定する方法を提案している. 本提案方法は, 波長35~40mのレイリー波の位相速度は<i>Vs</i>30とほぼ等しい, とするものである. 東京都, 神奈川県内の85地点の地盤モデルを使用して, 数値実験的に本提案方法の妥当性を示している.

There is a good correlation between the time-weighted average S-wave velocity, <i>Vs</i>30 from surface to a depth of 30m and the amplification factor for peak velocity. The <i>Vs</i>30 usually is estimated from PS logging. A newly proposed method for estimating <i>Vs</i>30 uses a phase velocity of the Rayleigh wave obtained from the array observation of microtremors. This method bases on the phenomenon that the <i>Vs</i>30 is nearly equal to the phase velocity at a wavelength of 35 to 40m. In this paper, we compare the exact <i>Vs</i>30 and estimated <i>Vs</i>30 by our method at 85 sites around Tokyo. Results from calculations show that the proposed method is applicable. Furthermore, we point out that we can estimate the phase velocity at a wavelength of 35m to 40m, using a small array.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 647, 415-423, 2000-04-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543326
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5367469
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ