混相流モデルと個別要素法の融合による高濃度掃流層の数値解析 COUPLING OF MULTIPHASE-FLOW MODEL AND DISTINCT ELEMENT METHOD FOR SIMULATION OF SEDIMENT TRANSPORT UNDER HIGH BOTTOM SHEAR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

流砂・漂砂・飛砂の力学機構を「数値流砂力学」的な方法により解明するには, 流体・粒子間干渉と粒子間相互干渉の2つの機構を適切にモデル化することが不可欠である. 比較的希薄な土砂濃度から高濃度への遷移状態にかけては流体・粒子間干渉が支配的で, 近似的には粒子間干渉は無視できるが, 高濃度状態では流体・粒子間および粒子間相互の干渉がともに重要となる. 本研究では, 流体・粒子間および粒子間相互の干渉の両者を固液二相流モデルと個別要素法を融合してモデル化し, 流速分布, Reynolds 応力分布などの流れ場の構造と粒子の移動速度分布, 濃度分布などの粒子群の運動特性の両面に着目して, 高濃度状態の土砂流送機構について考察する.

The flow/particle interaction and the particle/particle interaction are the keys to investigate the sediment transport phenomena from the viewpoint of the computational mechanics of sediment transport. In this study, the flow/sediment interaction is described by introducing the interaction terms which reflects the effect of the contained sediment particles, into the governing equations of flow with <i>k</i>-ε turbulence model; on the other hand, the particle/particle interaction is modeled by the distinct element method. The characteristics of the mean velocity profile of the flow on a movable bed is well reproduced by the present model. Furthermore, the internal structure of the flow is discussed based on the results of the simulation, or the Reynolds stress distribution, the velocity profile of particle, the concentration profile of particles and so on.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 649, 17-26, 2000-05-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543516
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5356548
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ