一般曲線座標系による開水路流れ解析へのMacCormack法の適用性に関する検討 STUDY ON APPLICABILITY OF MacCormack FINITE DIFFERENCE SCHEME IN GENERALIZED COORDINATE SYSTEM FOR OPEN CHANNEL FLOWS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一般座標系で記述した2次元浅水流方程式を MacCormack 法で差分化し, 単純化した盆地状地形の洪水流を解析して妥当な結果を与える方法を見出した. 即ち, 2方向に分割した差分スキームの演算子の組み合わせについて3つの場合を検討し, 差分方向を同一にした2つの場合では打ち切り誤差が累積して, 解析結果に方向性を持った偏りが現れることを指摘し, これを避けるには交互に差分方向を変える組み合わせが有効であることを明らかにした. この方法によれば, 同一の地形に2種の構造の異なった計算格子を適用しても同じ結果を得ること, 流入支川や掘削河道がある場合でも安定的に計算できること, さらに, 人工粘性の分布が流況とよく対応していることを示して, 提案した数値モデルが高い適用性を持つことを検証した.

This paper discusses the applicability of a MacCormack finite difference scheme in a generalized coordinate system to flood flows in simplified basin models located in mountainous areas. The calculated results show that among three kinds of combinations of 1-D operators in the MacCormack finite difference scheme employing direction splitting method, the scheme with alternating difference directions is the best to eliminate truncation errors resulting from the fixed direction difference scheme. This scheme can produce almost similar results for different grid systems and can use small artificial viscosity to simulate experimental results stably. The scheme proves to predict well flood flow characteristics in basins with an incised channel or a tributary.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 649, 61-66, 2000-05-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543585
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5356608
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ