高強度鋼の適用による鋼橋の合理化設計の可能性 APPLICATION OF HIGH STRENGTH STEEL ON STEEL BRIDGE AND ITS EFFECTS ON WEIGHT REDUCTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高強度鋼の利用による鋼橋の合理化の可能性を限界状態設計法にもとづいた設計シミュレーションにより調べた. 設計対象は国内で標準的なスパン, 幅員を有する3種類の合成連続I桁橋をモデルとし, 終局限界状態 (架設時及び供用時), 使用限界状態, 疲労限界状態について照査を行い, 最小断面を求めた. この結果, 各鋼材強度により異なる限界状態により断面が決定され, 特に高強度化に伴い疲労限界状態が大きく影響することが確認できた.

Possibility of rationalization of steel bridges by the use of high strength steel was investigatedd by design simulation based on limit state design method (Load and Resistance Factor design). Design target bridges are 3 kinds of composite continuous I girder bridge having standard span and width in Japan. Minimum weight sections were designed considering strength limit state (under service traffic and during construction), service limit state, fatigue and fracture limit state. As a result, it is confirmed that a section is decided by different limit state for each steel material. In particular, fatigue limit state has an considerable influence on design of high strength steel bridge.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 91-103, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543815
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468044
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ