中間横桁を省略した狭小箱桁橋の3次元変形挙動の解析的検討 ANALYTICAL STUDY OF THREE DIMENSIONAL STATICAL BEHAVIOR OF NARROWED BOX GIRDER BRIDGE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

「狭小箱桁」は従来の箱桁に比べ, ウェブ間隔を狭小化することにより縦リブ・リブを幅に削減し, 併せて床版を強化することで縦桁も省略した構造である. 本構造は上記の特徴から床版支間長がきくなるという点では, 2主桁などの少数主桁橋と同様に長支間床版の革新的な技術が要求されるが, 主桁のねじり剛性などの性能が異なるため, 設計上の多くの点で2主桁橋に比べて優れていると考えた. そこで全体挙動の把握と, 桁の省略・簡素化を一つの到達点としたさらなる構造の合理化を目指して, 立体FEM解析を用いた検討を行った. さらに, 床版の長支間化によって床版および床版と主桁の接合部に生じる作用力について, 2主桁との比較を交えながら構造上の安定性を検証した.

By narrowing the box girder width, it is expected that overall costs will effectively be reduced. Moreover, by increasing slab thickness, it is possible to omit stringers in addition to decrease the box girder width. Thus box girder fabrication productivity and bridge durability are greatly improved. If torsional rigidity of the box girder is decreased and the floor slabs became thicker, the amount of required cross-beams can be also reduced.<br>This paper is concerned with an analytical study focusing on the following points: (1) the validity of omitting cross-beams in the narrowed box girder bridges and (2) in which MSC-NASTRAN was utilized throughout to conduct 3D finite element analysis.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 121-130, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543848
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468077
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ