ファジィ理論と遺伝的アルゴリズムを用いたケーブル張力調整法 CABLE TENSION ADJUSTMENT BASED UPON FUZZY THEORY AND GENETIC ALGORITHM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

斜張橋は, 設計・製作・架設等に関わる様々な誤差のために, 架設時にケーブルの張力および桁・塔の形状 (キャンバー) に誤差が生じる. このため, シムプレート (その板厚は離散量で与えられる) をケーブル定着部に挿入または除去することによりこれらの誤差を除去している. 本論文では, ファジィ理論と遺伝的アルゴリズムを応用して, 従来の理論では連続量として扱われてきたシム量を, 現場技術者に有用な離散量として扱い, ケーブル調整箇所の低減も同時に行うことのできる方法を開発した. そして, パラメトリックな検討および実橋に近い数値計算例により本方法の有効性を示した.

In the construction of cable-stayed bridges, it is important to adjust the cable tension to the design values. In practice, the adjustment is performed by adding or removing shim plates. In this paper, an attempt is made to apply Fuzzy Logic (FL) and Genetic Algorithm (GA) in order to obtain a practical combination of shim plates. GA is useful for solving the combinatorial problems, because it can deal with discrete design variables and indifferential functions. FL is employed to improve the convergency and to reduce the compution time. Introducing GA, it is possible to obtain the minimal number of cables requiring the adjustment as well as the practical combinations of shim plates. A numerical example is presented to demonstrate the efficiency and applicability of the method developed here.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 143-151, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543887
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468102
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ