長大PC斜張橋の耐震設計における減衰特性の評価に関する考察 EVALUATION OF DAMPING PROPERTY IN SEISMIC DESIGN OF LONG-SPAN PRESTRESSED CONCRETE CABLE-STAYED BRIDGES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

PC斜張橋の耐震設計における動的設計では減衰の評価が重要であるが, 減衰特性の理論的・解析的な評価は難しいために, 減衰定数をどう設定するかに関しては, 充分検討されていないのが現状である. 本研究では, 既往の長大PC斜張橋の解析モデルを用い, 長大PC斜張橋の減衰に与える要因を明らかにするために, 各部材のひずみエネルギーの占める割合について調査し, 各部材の等価減衰定数, 可動支承における摩擦の影響, および基礎からの逸散減衰の影響について検討し, 既往の振動実験結果との対応について検討した. また, 地震時保有水平耐力法レベルの地震に対する解析における減衰定数の設定の影響について地震応答解析により検討し, 耐震設計における減衰特性について考察した.

In seismic design of cable-stayed bridges, evaluation of damping of structure is important. However, because it is difficult to evaluate damping property theoretically, it is not examined enough on determination of a damping factor. In order to investigate damping property of long-span cable-stayed bridges, the ratio accounting for strain energy of each member, the effect of frictional damping at movable supports and energy dissipation from foundations are examined referring measured data on damping ratio. Influence of setting of damping ratio in seismic response analysis was also examined.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 167-181, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543911
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468128
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ