地震観測に基づく不整形地盤による上下動増幅要因の検討 EFFECTS OF IRREGULAR GROUND ON VERTICAL MOTION AMPLIFICATION DURING EARTHQUAKES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鎌倉市街地の6地点で地震観測を続けた結果, 西御門 (NMD) と御成 (ONR) の2地点は系統的に顕著な上下動を示すことが判明した. NMD地点では上下動と水平動の最大加速度比は平均的に0.75で1を越える時もあり, 卓越周期は上下, 水平ともに0.2~0.3secでほぼ一定している. 一方, ONR地点では最大加速度比の平均は0.70で, 卓越凋期は上下動は0.21~0.26secでほぼ一定しているが, 水平動は0.1~0.6秒で変動ずる傾向が強い. 2地点における上下動増幅の要因を解明するため, 2次元境界要素法による数値解析を行った. その結果, 両地点ともに急傾斜基盤の影響が強いと考えられるものの, 前者には椀形表層地盤の基本振動モードが, 後者には片側開放地盤における Rayleigh 波が関与している可能性が高いことが指摘された.

For years, earthquake ground motion has been observed at 6 stations in Kamakura city, Japan. Among them, two stations of NMD and ONR have been found to show larger vertical motion. Especially at NMD, a maximum acceleration ratio between vertical and horizontal motions is sometimes exceeds 1, with a constant predominant period of about 0.25sec for both vertical and horizontal motions. A 2-D BEM is applied to characterize ground motion at both stations, with a result showing that steep slopes of bed rocks under the surface layers play important but different roles for both cases.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 183-194, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543937
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468147
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ