地震動の上限値と地盤のせん断強度の関係 RELATION BETWEEN SHEAR STRENGTH OF SOIL AND UPPER LIMIT OF EARTHQUAKE GROUND MOTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

兵庫県南部地震の際に鉛直アレーで観測されたように, 強震時には地盤はそのせん断強度以上のせん断力を上層に伝えることができないので, 地表での地震動には上限値が存在する. その関係を明らかにするために, H-Dモデルによる非線形解析を内部摩擦角をパラメータとして実施した. その結果, 1) 最大加速度, 計測震度, SI値には上限値が存在する, 2) その値は内部摩擦角によって支配され, 正接と上限値はほぼ比例関係にある, 3) せん断強度が小さい中間弱層により上限値は支配され中間弱層の位置が深く層厚が厚いほど影響が大きい, ということがわかった.

As seen at Port Island vertical array record during the 1995 Hyogoken-Nambu earthquake, the soil deposits have the upper limit of ground motions because the soil layer can not transfer the shear force larger than its shear strength to upper layers. In order to clarify the relation between the shear strength of soil and upper limit of ground motion, nonlinear analyses are carried out focused on the angle of internal friction. It is shown that upper limit of PGA, JMA seismic intensity scale and SI value are controlled by the angle of internal friction.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 195-206, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543954
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468159
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ