桁間衝突が落橋におよぼす影響に関する実験的検討 EXPERIMENTAL STUDY ON THE EFFECT OF POUNDING BETWEEN THE ADJACENT GIRDERS ON THE FALLING GIRDERS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 兵庫県南部地震で実際に被災した橋梁をモデルに縮小した2径間の橋梁模型を製作し, 2次元振動台を用いて振動させたときの橋桁や橋脚の動的応答から桁間衝突による落橋のメカニズムを調べたものである. まず, 落橋防止連結板を取り付けていない場合について, 桁の衝突による落橋の有無を観察し, 桁間衝突が落橋におよぼす影響について検討した. その結果, 橋桁の落下には橋脚を中心とした設計振動単位の共振現象が強く影響することが確認できた. さらに, 落橋防止連結板に緩衝材を挿入し, それによって衝撃的な外力を吸収できるかどうか検討し, 緩衝材として望ましい材料特性について検討した.

After Hyogoken-Nanbu Earthquake in 1995, pounding between the adjacent girders is of major concern from the view point of base isolation. In this paper, an experimental study using the two-dimensional shaking table was performed focusing on the dynamic and impact behavior of the pounding between the adjacent girders. The girder falling was observed due to the pounding between the adjacent girders. The effects of the pounding on the falling girders were examined by the response acceleration of the girders and deformation of the piers. The effects of the shock absorber such as rubber and lead inserted to the bridge restrainer plates in order to decrease impact force were investigated.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 223-232, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004543977
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468191
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ