剛体ばねモデルを用いた橋脚の三次元弾塑性地震応答解析 THREE DIMENSIONAL DYNAMIC RESPONSE ANALYSIS OF BRIDGE PIERS BY RIGID-BODY-SPRING MODEL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1995年の兵庫県南部地震時の経験から, 水平二方向の地震動を同時に受ける橋脚などの弾塑性耐震挙動を明らかにすることが必要とされてきている. このような構造物の弾塑性動的応答解析を行う場合, 二軸曲げによる橋脚断面の弾塑性挙動とねじりの影響を考慮することが重要であると考えられる.<br>本研究では, そのような観点から, 剛体ばねモデルを用いたはり柱部材の三次元弾塑性動的応答解析法を構築した. そして, 兵庫県南部地震時に記録された地震波を用いて, 水平二方向の地震動を同時に受ける単柱式橋脚および逆L字型橋脚の弾塑性動的応答解析を行い, その結果を一方向にのみ地震動を受ける場合の結果と比較することにより, 二方向地震動を受ける橋脚の基本的な性状を考察した.

Through an experience of damaged bridge structures during Hyogo-ken Nanbu Earthquake, it is required to clarify an elasto-plastic behavior of a bridge pier subjected to two horizontal directional earthquake motions. From this point of view, in this paper, a three dimensional elasto-plastic dynamic response analysis method of beam-column elements is formulated taking into account an yielding of a pier section due to biaxial bending and torsional behavior. An elasto-plastic dynamic response analysis of a single steel bridge pier and an inverted L-shaped steel bridge pier subjected to a set of two horizontal directional earthquake motions recorded during Hyogo-ken Nanbu Earthquake are conducted by employing above analysis method. And a fundamental behavior of a pier subjected a set of two horizontal directional earthquake motions is investigated by comparing the behavior with that under one horizontal directional earthquake motion.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 259-270, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004544042
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468272
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ