死亡者数を指標とした地震災害に対する許容リスクの設定に関する考察 AN ANALYSIS OF EVALUATION METHODS OF ACCEPTABLE RISK FOR EARTHQUAKE DISASTERS ADOPTING A DEATH TOLL AS AN INDEX

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 地震災害に対する許容リスクの設定について, 死亡者数によりリスク評価を行う方法について述べ, これに関わる考察を行ったものである. まず, 許容リスクの設定は, 国土レベルでのリスク評価・分析とリスク管理限界の決定との過程であり, 個別の社会施設の設計規定とは分離する考え方を示した. リスク評価・分析では,死亡者数を指標とし, 地震・洪水・津波災害の発生規模構造の把握を行った. リスク管理限界では, 洪水防御計画, 交通事故死亡者数等からの決定方法について述べた. 加えて, 仮に許容リスクについての国民のコンセンサスが得られた場合に, 地震災害に対するリスク管理限界から社会施設の設計規定に係るレベル2想定地震の設計規模要件の算定を行った.

This paper proposes and analyzes an approach to decide the level of acceptable risk for earthquake disasters. The proposed way to decide the level of acceptable risk for national land plannning is estimation of risk of natural desasters such as earthquake, tsunami and flood from the viewpoint of the relation between a death toll and a return period, and decision of upper limit of risk management. Then, the decision of acceptable risk is converted into the requirement for design earthquake of level 2, assuming that the design concept of river facilities is decided the acceptable risk for earthquake disasters. Furthermore, the catalogue of earthquakes are compared with the requirement for design earthquake of level 2 at the chief cirties of Japan.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 317-334, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  55件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004544157
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468317
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ