地震被害程度の差異に着目した地下鉄の被害要因分析 EVALUATION OF DAMAGE MECHANISM OF SUBWAY STATION BASED ON THE DIFFERENCE DAMAGE BETWEEN TWO DAMAGED SUBWAY STATIONS DUE TO THE EARTHQUAKE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論では, まず1995年兵庫県南部地震により地下鉄の中柱が被災した路線区域の特徴を示した. 次に, その被害路線区域の中で被害の程度が異なり, 被害要因の検討に必要な情報が比較的揃っている神戸高速鉄道の大開駅と高速長田駅に着目し, 両駅の被害機構の差異を2次元地震応答解析と静的非線形構造解析を組み合わせた手法により分析した. ここで, 入力地震動と中柱の変形特性については大開駅近傍の換気塔の被害, 室内実験に基づき, 先に著者らが実施した大開駅の被災機構解析に用いた条件の見直しを行った. その結果, 1) 入力地震動としてポートアイランドの地中観測波 (GL-83m) が適当であり, 2) 両駅の被害程度の差異は, 駅部側面の地盤条件の差異に起因する上下床版間の地震時の変形の差異によることなどが明らかとなった.

The objective of this paper is to indicate the locality of the damage area with respect to centercolumn and to make clear the damage mechanism based on the difference damage between Daikai subway station and Kosokunagata subway station by use of the two step analysis proposed by authors. It is found that the damage degree of center column depends on the location of the subway station. The reason why the damage at Kosokunagata station is less than that at Daikai station is found that the shear deformation at Kousokunagata station is less than that at Daikai station because the stiffness of ground around Kousokunagata station is larger than that around Daikai station.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 335-354, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004544213
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468323
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ