地下構造推定に用いる2点間および3点間空間自己相関法に関する理論的検討 THEORETICAL STUDY ON THE SPATIAL AUTO-CORRELATION METHOD FOR ESTIMATION OF UNDERGROUND STRUCTURE USING MICROTREMOR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

微動のアレイ観測記録から表面波の位相速度を求める方法のひとつとして空間自己相関法がある. 一般に, この方法を適用するためには, センサーを円の中心とこの円周上に等間隔に設置したアレイ観測を行う必要がある. 本論文では, この円形アレイ観測における空間自己相関法の原理をセンサー間のコヒーレンスを用いて説明し, センサーの個数と位相速度の推定誤差の関係を明らかにしている. また, 実測がより簡単な2点および3点アレイ観測の記録を空間自己相関法へ適用した場合の位相速度の推定誤差を検討している. その結果, 3点アレイ観測でも比較的精度よく位相速度を求めることができることを理論的に示している. また, 2点アレイ観測に関して, 新たに位相速度を推定する手順を提案している.

There is the spatial auto-correlation method (SPACM) for estimation of the phase velocity of surface wave using the array observation of microtremors. It needs to install the seismometers on the circle and at the center. In this paper, a relation between the number of the seismometers and an error in the estimation is made clear. Furthermore, the theoretical applicability of SPACM using two or three seismometers is investigated. As a result, it is found that we can estimate the phase velocity of surface waves having wavelength of more than 3.4 times of the array's radius when three seismometers are arranged at vertices of a right triangle. However, when SPACM are applied to array observation using two seismometers, there is a possibility that the estimation includes a large error. Therefore, a new procedure is proposed to improve the estimation.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 654, 367-375, 2000-07-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004544254
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5468341
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ