リアルタイム交通情報の提供効果 AN EVALUATION METHOD ON EFFECTS OF DYNAMIC TRAFFIC INFORMATION PROVISION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, リアルタイムの交通情報提供が交通状況に与える影響について, 考察を加えるとともに, その評価方法を提案し, 実際の道路ネットワークと交通量を用いた試算を行うものである. 簡単なネットワークを用いた考察を加え, 需要が変動すると, 場合によっては情報の提供が逆効果になるということを確認した. 都市内の道路ネットワークを対象として, 情報提供効果を試算する方法を提案し, 実ネットワークと実交通量を用いた試算を行った. その結果, ODパターンに変化がある場合には情報提供効果が認められるが, 平常時に関しては, 渋滞の立ち上がり時に効果が得られるものの, その他の時間帯については効果がほとんど期待できない等の知見を得た.

This study proposes a realistic method to evaluate impacts of dynamic traffic information provision, and the method is applied to a real urban expressway network using observed OD volumes. Although traffic information has been dynamically provided through VMS, on-board equipment, highway radio etc., the impacts on traffic have not been well evaluated by taking the daily OD demand fluctuation. We therefore propose a new evaluation method considering the OD demand variation and show a possibility that the information provision may lead to total travel time increase. To examine this possibility, the method is then applied to the Tokyo Metropolitan Expressway network for one month. As a result, it is confirmed that dynamic traffic information provision would not be effective under regular traffic conditions except at the beginning of a peak. However, the benefit arises in unusual traffic conditions caused by incidents.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 653, 39-48, 2000-07-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004544386
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5467738
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ