社会資本整備の費用便益分析における事業効果と税収変化に関する一考察 A STUDY ON THE FLOW EFFECTS AND TAX REVENUE CHANGES IN COST BENEFIT ANALYSIS OF INFRASTRUCTURE DEVELOPMENTS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来から社会資本整備便益として建設プロセスで発生する事業効果の存在が知られている. しかし, いわゆるワルラス均衡が達成されている完全雇用下での事業効果に対する理解には混乱が見られ, 特に, 税収変化を費用便益分析においてどのように扱うべきかについて整理されていなかった. 本稿は簡単なワルラス的一般均衡モデルを構築し, 便益帰着構成表を用いて税収変化についてのキャンセルアウト特性を明らかにするとともに, 費用便益分析を行う際の留意点について, 実証分析上での現実的な対応方法を含め, 考察したものである.

Importance of flow effects generated in the process of constructing infrastructure has been stressed in cost benefit analysis. There are however some misleading discussions on the effects, particularly on accounting of tax revenue changes. This paper examines cancel out property of tax revenue changes in some typical situations in the framework of a Simple General Equilibrium Model and Benefit Incidence Table. Then, on the basis of the theoretical derivation of the effects. the paper proposes a very practical method for accounting prices including tax in cost benefit analysis.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 653, 77-84, 2000-07-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004544473
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5467779
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ