ダムを含む河川の流砂と河床変動に関する研究 SEDIMENT TRANSPORT AND BED EVOLUTION OF RIVER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は土砂輸送を伴う沖積地河川の中流部にダムが建設された場合の土砂輸送環境の変化を検討したものである. 北海道の沙流川河口部から約20km地点に建設された二風谷ダムを例として, その貯水池を含む上下流約30km区間の出水時の連続土砂観測, 河床形状および河床材料の調査, および流れと流砂・河床変動の数値計算モデルなどを用いてダムを含む河川の土砂輸送環境の実態を定量的に明らかにした. この結果, ダム上流, 貯水池, ダム下流の河川における土砂の収支が質的・量的に明らかにされ, ダムおよび河川の長期的な維持管理対して極めて有効な知見を得ることが出来た.

The purpose of this paper is to study the effect of dam construction on the middle reaches of alluvial rivers. The Nibutani dam was constructed on the Saru River, 21.4km upstream of its mouth in 1996. In this paper, the flow and sediment transport system is studied along the Saru River including field resoluts from the Nibutani dam and its reservoir. The sediment transport rate, bed material distribution, and bed elevation changes were investigated before, after and during a flood. A numerical model to predict the sediment transport rate and river bed changes are proposed and verified using the data obtained by field measurements. This study clarifies the effect of the dam on the river, and many useful information for river and dam management works are obtained.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 656, 61-72, 2000-08-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004544690
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5466190
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ