黒潮系暖水波及時における冬季東京湾湾口部の流動構造と熱・物質フラックス FIELD MEASUREMENTS OF CURRENTS AND MATERIAL TRANSPORT AT TOKYO-BAY MOUTH IN THE CONDITION OF KUROSHIO WARM WATER INTRUSION IN WINTER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1997年12月から1998年4月にかけて東京湾湾口部で現地観測を行い, 黒潮系暖水波及時における湾口部周辺海域の海洋構造を明らかにすることを試みた. その結果, 観測期間中確認された暖水波及時には湾口部表層において明確な水温, 塩分フロントが形成されていたが, 従来いわれている熱塩フロント構造と異なり, 暖水が内湾水の下層に潜り込みながら湾内へ侵入する形のフロント構造であったことが明らかとなった. これは, 黒潮系暖水が内湾水よりも重かったことによるが, 外洋水が侵入する水深は, 湾内密度の鉛直分布と外洋水密度の相対的な関係で決まっている. また, この暖水波及時には, 冬季における平均的な値に比べて約5倍の大きさの外洋から湾内への熱フラックスが存在し, この熱フラックスの要因として, 残差流の水平シア成分の寄与が大きいことが明らかとなった.

Field measurements were performed to investigate the effects of Kuroshio Warm Water Intrusion (KWWI) to the mouth of Tokyo Bay on the three dimensional characteristics of currents and material transport in the bay mouth in winter. When KWWI occurs, the bay water with low temperature and low salinity flows toward the ocean in the surface layer, the Kuroshio Warm water with high temperature and high salinity intrudes into the bay in the intermediate layer and the coastal water with low temperature and high salinity flows toward the ocean in the bottom layer. The depth of the KWW intrusions into the bay depends on its density relative to the vertical density profile at the bay. The KWWI transports heat into the bay effectively which is five times as large as the winter-averaged heat flux.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 656, 221-238, 2000-08-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004544923
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5466363
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ