赤外線サーモグラフィ法を用いたFRPシート・コンクリート間の欠陥検出 DETECTION OF DEFECTS BETWEEN FRP SHEET AND CONCRETE BY INFRARED THERMOGRAPHY METHOD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

FRP接着工法では, 不適切な施工や時間経過に伴う劣化により剥離が生じると所要の補強効果が得られないので, その部分を検出し補修を行う必要がある. 本研究では非破壊検査法の一つである赤外線サーモグラフィ法によりFRPシート・コンクリート間の剥離検出の検討を実験的・解析的に行う. まず, 基本実験として周辺環境との温度差を与えた供試体を用いてFRPシートの種類および層数, 欠陥厚さおよび熱負荷方法の影響について検討を行った. さらに, 外気温の日較差や熱輻射の利用により欠陥検出の可能性を検討した. また, 赤外線放射計より得られた温度分布から, 欠陥の有無のみでなくその形状や厚さなどを定量的に同定するための支援手法を目的として, 非定常熱伝導FEM解析によるシミュレーション手法の提案を行った.

Delamination between FRP sheets and concrete, which might be caused by inappropriate works or deterioration due to a time elapse, decreases bond strength between FRP sheets and concrete, and also decreases the strength of the structural element reinforced with FRP sheets. Therefore, these defects must be accurately detected and be properly repaired. This paper concerns the detection of defects between FRP sheets and concrete by measuring thermal distribution of the surface using an infrared thermography method. It is confirmed from the basic experiments using heated or cooled specimens that the detection of defects is influenced by the type and number of FRP sheets, as well as the thickness of defects. It is shown from experiments in the open air that defects can be detected from the difference between specimens and circumferential air in both clear and cloudy weather. Moreover, a non-steady heat transfer analysis by FEM is conducted and it is confirmed that the analysis can well simulate the experimental results.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 655, 107-117, 2000-08-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004545227
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5466437
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ