塩害によるコンクリート中の鋼材の腐食モデルに関する解析手法の構築 NUMERICAL SIMULATION ON CORROSION OF STEEL IN CONCRETE STRUCTURES UNDER CHLORIDE ATTACK

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

著者らは, 腐食性環境下に置かれた鉄筋コンクリート構造物の性能の経時変化を予測することを目的として, 既往の研究および著者らのこれまでの研究成果をもとに, 鉄筋コンクリート構造物の細孔組織構造の形成, 塩分, 酸素と水分の移動過程, 自然電位の形成および腐食電流密度を個々の現象に立脚したモデルを用いて連成解析する手法を構築した. 本論文では, 実験結果と解析結果を比較することにより, 任意の配合, 使用材料, 材齢, 養生条件, 環境条件に対し, 鉄筋コンクリート部材中の腐食因子の移動, 蓄積及び鉄筋の腐食進行を適切に計算できることを明らかにした.

One comprehensive numerical system is proposed for the attempt to solve the problem related to deterioration of reinforced concrete (RC) structures under chloride-induced corrosion. This numerical system is characterized by combining the physico-chemical models related to the migration of corrosion-related substances in concrete, such as chloride, oxygen and moisture, and the electrochemical models dealing with the formation of natural potential and corrosion current of RC members under chloride-induced corrosion. Experimental comparison indicated the availability of this numerical system on modeling corrosion of steel in concrete structures under chloride attack.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 655, 143-157, 2000-08-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004545271
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5466463
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ