二重管型反応装置の硝化脱窒プロセスへの適用に関する研究 APPLICATION STUDY OF A DRAFT-TUBE-TYPE REACTOR TO NITRIFICATION-DENITRIFICATIO PROCESS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

二重管型反応装置の硝化脱窒プロセスへの適用を試み, パイロットプラントによる団地汚水の連続処理実験を行った. その結果, 適切な設計・操作条件下で生下水の連続処理を行うことにより, 10.4hの水理学的滞留時間で, 97%のBOD除去率, 88%のアンモニア性窒素除去率および84%の全窒素除去率を達成可能であることを実証した. また, 設計因子ではドラフトチューブ内径の反応装置内径に対する比 (<i>D<sub>i</sub></i>/<i>D<sub>o</sub></i>) および有効水深が, 操作因子としてはBOD-SS負荷率, 好気ゾーン比, 無酸素ゾーン比, 流入水C/N比が重要であることを明らかにし, 適切な設計・操作条件を提示した. また, 標準活性汚泥法と比較して発生汚泥量を28~56%削減可能であることも明らかにした.

A draft-tube-type reactor was applied to a nitrification-denitrification process. The data obtained through the continuous treatment of domestic sewage demonstrated that 97% of BUD, 88% of ammonia nitrogen, and 84% of total nitrogen in influent could be removed under the condition that HRT was kept around 10.4h Appropriate values of design parameters (the ratio of draft tube diameter to reactor diameter and effective height of the reactor) and operational parameters (BOD-SS loading rate, aerobic zone ratio, anoxic zone ratio and C/N ratio) were also clarified. In addition, sludge produced through the treatment was from 28% to 56% less than that produced throughthe treatment by conventional activated sludge processes.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 657, 23-34, 2000-08-22 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004545350
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5466572
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ