舗装道路の建設と維持修繕に伴う環境負荷とコストのライフサイクル評価 LIFE CYCLE EVALUATION OF THE ENVIRONMENTAL LOADING AND CONSTRUCTION COST IN PAVING PROCESSES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

舗装道路 (アスファルトおよびコンクリート) の建設と維持修繕に伴う環境負荷とコストについて, 様々な維持修繕モデルケース別に, 設計解析期間30年間にわたる LCI (Life Cycle Inventory) を初期建設段階と維持修繕段階に分けて集計し、環境負荷・コスト両面からみた道路舗装のライフサイクル評価を試みた. 建設・維持修繕いずれの段階においても, 再生材料の活用により環境負荷を最大40%程度削減できることがわかった. アスファルト舗装については, 維持修繕段階の占める割合が環境負荷・コストともに全体の40~50%となった. また, 打換え工事の少ない軽微な補修を繰り返す維持修繕モデルケースがすべての環境負荷項目・コストについて有利であった.

An optimal scheme of road paving maintenance was investigated by examining the environmental loading and cost considerations of pavement operations over a 30-year life cycle. Results indicated that the application of recycled materials in pavement construction and repair reduced the effects of environmental loading over the life cycle by approximately 40%. Furthermore, it was observed that environmental loading conditions associated with the maintenance repair stage of asphalt paving comprised 50% of the total environmental loading determined for the 30-year life cycle. Conversely, costs of the maintenance repair stage were 40% of the total life cycle costs. Finally, results suggest that environmental load and cost considerations will be improved and made more efficient over a life cycle period if a regular maintenance routine of simple asphalt repairs is established.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 657, 57-64, 2000-08-22 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004545408
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5466583
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ