高強度マスコンクリートの温度履歴特性と強度発現性 Temperature History and Strength Development of High-strength Mass Concrete

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鉄筋コンクリート造建築物の高層化・大型化への進展に伴い, 高強度のマスコンクリートを施工するケースが増えている。マスコンクリートはセメント水和熱の蓄積に起因した初期高温履歴を受け, 特異な強度発現性を示す。特に, マスコンクリートを高強度化した場合, 単位セメント量の増加によって一層過酷な高温履歴を受け, 強度発現性についても著しい影響が現れる。本稿では, これまでに報告された数多くのマスコンクリートに関する実験研究から実験データを引用して, 統計的な分析を行った結果を紹介し, 高強度マスコンクリートの温度履歴特性と強度発現性についての総括的な傾向について解説する。

The use of high-strength mass concrete has increased in recent years, with a tendency toward constructing tall and large-scale reinforced concrete structures. At an early age, the interior of mass concrete is heated and cured at high-temperature by internal storage of the heat of cement hydration. High-temperature curing at an early age causes a peculiar strength development in mass concrete. Especially, this tendency is remarkable in high-strength mass concrete, because of the increase of cement content per unit volume of concrete. This paper summarizes the general tendencies about the temperature history and the strength development of high-strength mass concrete, with statistical analysis of the experimental data from the previous studies.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 38(7), 3-9, 2000-07-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  46件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004545455
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    5393100
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ