鉄筋コンクリート造超高層住宅の強風時の居住性に関する設計法 Design method regarding the habitability of super high-rise reinfordced concrete housings in high wind

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 高さ60mを超える鉄筋コンクリート造の超高層住宅が多く建設されるようになってきた。我が国において, 鉄筋コンクリート造建築物における主要構造部材の構造設計は主に耐震設計により決定される。しかし, 超高層住宅は強風時の風揺れに対する居住性の問題が重要となっている。特に, 高さ150m程度を超える建物に対しては, 強風時の居住性が, 構造設計上大きな影響を持ってくる。<BR>ここでは, 強風時の居住性に関する限界状態設計法の内容を紹介し, その計算方法を詳細に解説することによって, 鉄筋コンクリート造超高層住宅の設計者に役立ててもらうことを目的とする。

In recent years, super high-rise reinforced concrete housings of over 60 m become to be built a lot. In our country, the structural design of the main structure department material in the reinforced concrete building is decided by the earthquake resistance design mainly. However, as for super high-rise reinforced concrete housings, the habitability problem to the wind-induced vibration for high wind is importance. Especially, the habitability for high wind brings about a big influence from the structure design about over 150 m of height buildings. This report introduces the contents of the limit state design method regarding the habitability for high wind, and explaining the calculation method in detail. The purpose is good use for designer of super high-rise reinforced concrete housings.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 38(8), 3-12, 2000-08-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004545578
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    5432266
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ