ウォータージェット技術を利用した新旧コンクリート構造物の一体化処理 The Application of Water Jet Technology to Surface Preparation and Removal on Concrete Structures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, コンクリート構造物の早期劣化によるひび割れやはく離等の変状の発生が社会問題となっている。このため, 劣化が生じたコンクリート構造物への対策や耐震補強などの目的で, 脆弱化したコンクリートや塩化物イオンなど劣化因子を含んだコンクリートをはつり処理(除去)し, 既設のコンクリートに新たなコンクリートを打継ぎ, 新旧コンクリートを一体化することにより, 補修補強を行うケースが増加している。一方, 新旧コンクリートの一・体化処理において, 既設コンクリートの表面処理方法や要求される新旧コンクリートの付着性状については, その規定や根拠が明確となっていない現状がある。<BR>本稿は, 補修補強, 機能改善等を目的として, 既設のコンクリートに新たにコンクリートを打継ぐ場合, 新旧コンクリートが一体化して, 外力に対応するために必要な(1)表面処理技術, (2)劣化コンクリートのはつり処理(除去)技術などについて, 現場に適用可能なレベルに達したので報告するものである。

Cracks and spalls on the surface of concrete structures due to premature deterioration have been arising as a social issue, recently. Therefore, rehabilitation projects by placing new concrete around existing concrete are increasing in order to repair deteriorated concrete structures and to retrofit seismically. However, the design standard and it's engineering proof to combine new and old concrete, such as required bond characteristics and the methods to create roughened surface internationally, are not clearly established yet. This paper describes our research results that enable both CD surface preparation technology and c removal technology to be applied to actual concrete repair works. When combining new and old concrete to repair, strengthen, recover functioning of structures, these technologies are essential for the combined structure resisting external forces as one solid member.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 38(8), 40-54, 2000-08-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004545646
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    5432408
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ